スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモンネタ】懲りずにダブルバトルの大会に参加したよ!

どうも~楽文謙ですヾ(・ω・`)





普段はオンラインゲーム「マビノギ」の記事を書いてますが

実はいい歳してポケモンやってまして(ノω`*)


先日、Wi-Fi公式大会「2012 InternationalCallenge」が開催されて

ちょっと参加してみたんだよな。

折角なのでパーティ解説でもと。

マビネタがない日の為にネタを確保してたとかそういうのじゃないです。多分。


・・・ちなみに「~~耐え」などの調整は基本的にやってません。

固体値はある程度妥協してるしメザパも粘ってないので、そういう情報が

欲しい人にはちょっとつまらないかも・・・w




というわけで解説。

見難くて申し訳ない!


普段「キシュウ」というスキンヘッズで潜って、主に好きなポケで

戦ってるんだけど、今回はちょこっとだけガチです。

ちょこっとだけガチってなんじゃそりゃという感じではあるのだけどな!


ちなみに今回のルールはダブル6→4。

見せ合いのあと4匹を選出して戦うダブルバトルですわ。

普段シングルばっかなのでダブルはドキドキですw



PTのコンセプトとしてはトリパ雨パモドキ

もう自分でも何が言いたいのか解らない。






ルカリオ
・NN:ゆうしゃ
・ゴツゴツメット
・腕白・HB特化・せいしんりょく
・このゆびとまれ
・インファイト
・フェイント
・いのちがけ

勇者。何が勇者って、技構成が勇者
後述するカイリューと並べての先発が多かった。
サポート型で、このゆびとまれで味方をサポート。
無振りでも鈍足という訳ではないので、敵次第ではインファで攻撃。
いのちがけはいらなかったかな・・・ロトムに使えたらって思ったけど
結局守るが怖くて使えなかった・・・!



ヤミラミ
・NN:かげひめ
・あくのジュエル
・勇敢・HA特化・いたずらごころ
・ふいうち
・おにび
・ねこだまし
・あまごい

ヤミラミはアタッカーです。ヤミラミはアタッカーです。
大事な事なので二回言いました。
ジュエル不意打ちが強い強い。
実数値でいえば、A特化ヤミラミの攻撃は139。それでジュエル込みタイプ一致。
ランクルスやブルンゲル、ゴルーグにラティオスを一撃で粉砕。
ねこだましを食らわないねこだまし使い。
全部で40戦したけど、ヤミラミ使いは見なかったな。
こいつもっと評価されていいと思う・・・!




ランクルス
・NN:くずまる
・いのちのたま
・冷静・HC特化・マジックガード
・サイコショック
・かみなり
・めざめるパワー(岩68)
・トリックルーム

前回も使った子。しかし今回はあんまり活躍できなかった・・・!
ナットレイと迷ったけど、この子使いたいな~って。
メザパ岩はたまたま。ウルガモスに刺さるかなって。
しかし唯一あったウルガモス戦ではヨロギで半減されてしまったという・・・。




ローブシン
・NN:ごいんきょ
・かくとうジュエル
・意地っ張り・HA特化・こんじょう
・アームハンマー
・マッハパンチ
・いわなだれ
・まもる

ちょっと変わった配分が多いPT内でガチガチな型。
みんなローブシンきもいっていうけど俺はカッコイイと思うぞ!
頑張れ爺さん!
ヤミラミの鬼火で根性発動→ジュエルマッパというロマンは
ヤミラミが鬼火を外した為実現せず!
トリックルーム中の強さは酷い。
ABD固体値がVだが、HP固体値が3か4という悲劇。
うちのPTはこんなん多いですよ。




ブルンゲル
・NN:キング
・みずのジュエル
・冷静・HC特化・のろわれボディ
・しおふき
・シャドーボール
・まもる
・トリックルーム

この子もHP固体値が3か4。冷静なのにS30。
今回のPTのキモで、ルカリオやヤミラミとコンボして
ジュエル潮吹きをお届け!
今回の大会で誰が一番相手を倒したかといわれたら、コイツである。
雨パに強めなのもミソ。水ロトム?知らん。




カイリュー
・NN:ゆーびん
・こだわりスカーフ
・臆病・CS特化・せいしんりょく
・ぼうふう
・かみなり
・だいもんじ
・りゅうせいぐん

マルチスケイル解禁以来、強すぎていろいろ言われてる
カイリューだけど、どうしても使いたくて組んだのがこのPT。
PT構築も、コイツを如何に暴れさせるかを意識しました。
一番暴れてたのはブルンゲルでしたが。
スカーフ以外のドラゴンにはまず負けない。
そもそもカイリューのスカーフは読まれにくい気がする。
特性精神力。ねこだましでひるまなくて美味しい。
反面ニョロトノなんかの冷ビで一撃。
ゆーびんは「郵便」から。おっさん、準おっさんトレーナーならきっとわかるネタ。






最高レート1702、最終レートは1597。9000人中順位は1837位。勝率7割強くらい。

雨パには9割以上勝てたけど、なんか洗濯機に一度も勝てなかった気がするぞ。


とりあえず戦ってて楽しいPTではあったけど・・・ランクルスはナットレイのがよかったかも!

育ててたんだよな、ナットレイも・・・!

MVPはルカリオかヤミラミのどっちかだな。

ロトムの相手をルカリオのいのちがけに頼ったのが一番の間違いだったかな。

これは完全に判断ミス。ごめんよ・・・!(ノД` )
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

【ポケモンネタ】Wi-Fi大会レポート

どうも~楽文謙ですヾ(・ω・`)




今日は記事をもう一つ。

・・・といってもマビノギの記事じゃありませぬ。


先週、ポケモンのWi-Fi大会

ポケモングローバルリンクジャパンカップ

が開催されてね。エントリーしたんですわ。

その記事を書こうかと。

まぁいい歳こいてポケモンなんだけど、好きなんだから仕方がない!


ちなみに内容は割とコアです。

知らない人には本当に解らない記事と思われるのでご了承ください・・・!






さて、この大会。

使えるポケモンは第五世代のみで、対戦形式はダブルバトル。

巷でイッシュダブルと呼ばれる環境ですわ。



全部で65戦 多分勝率はギリギリ6割くらいだったと思う。

メンバーは以下の通りで、コンセプトは「メタパ」

要するに、流行であるポケモンに有利なポケモンのPT・・・

のはずだったんだけど・・・


ジャパンカップ


ギガイアス
・NN:タイタン
・ノーマルジュエル
・勇敢・HA特化・がんじょう
・いわなだれ
・だいばくはつ
・ステルスロック
・まもる

ニックネームが思いつかなかった子である。
ジュエル爆発で盤面をひっくり返すのが目的・・・だったのだが
苦手タイプが多すぎてイマイチ活躍できなかった・・・ゴメンヨ。
ただ、65戦のうち3戦はコイツが盤面をひっくり返して勝っている。
反省点は、特性の頑丈に過信しすぎたところかな。
あとステロ一回も使う暇なかった!
地震かエッジでよかったな・・・!


ゾロアーク
・NN:やしゃまる
・おうじゃのしるし
・せっかち・AS特化・イリュージョン
・ふいうち
・なげつける
・きあいだま
・まもる

物理メインのゾロアーク。主にシャンデラに化ける。
環境に多かったスカーフブルンゲルやシャンデラ、アーケオスに
不意打ちをお見舞い。
王者の印を投げつけて1ターン縛るという型。
今回かなり活躍してくれた子。物理型にして正解だった・・・!
モロバレルとテラキオン、エルフーンが辛かったな。
気合玉は火炎放射でも・・・と思ったけど、サザンドラも多かったし
これでよかったのかも。物凄い外すけどな、気合玉・・・。


マッギョ
・NN:まぎょん
・たつじんのおび
・ひかえめ・HC特化・せいでんき
・だいちのちから
・10まんボルト
・でんじは
・まもる

ネタにされがちなマッギョだけど、滅茶苦茶強かったぞ・・・!
この環境だと苦手な水、氷が少ない。
地面もそんなに飛んで来ない。
エルフーンの草結びも体重軽いからあんまり食らわない。
トルネロス、テラキオン、シャンデラ、アーケオス・・・
メジャーどころに刺さりまくっていた。
惜しむらくはにっくね・・・ゴホゴホ。



シャンデラ
・NN:ペトロフ
・きあいのタスキ
・ひかえめ・CS特化・もらいび
・だいもんじ
・シャドーボール
・ふういん
・まもる

封印シャンデラ。しかし封印がイマイチ活躍しなかった。
封印使うなら性格臆病にすべきだった・・・。
折角のめざパ氷個体だったのにごめんよ・・・!
そんなトレーナーの不手際にも関わらず、選出は一番多かったかも。
なんと65戦で大文字を(まもる、みきり以外で)一回も外さなかった。
ミスった試合も含めて、頭が上がらない・・・w



ランクルス
・NN:くずまる
・いのちのたま
・れいせい・HC特化・マジックガード
・サイコキネシス
・きあいだま
・かみなり
・トリックルーム

思い入れのある子。役割は格闘対策とトリル。
普通のトリパと違ってバトル終盤にトリルを使う事が多かった。
試合をひっくり返すって意味では一番活躍してたかも。
技では雷が失敗だったかな・・・守るかシャドボにするべきだった。
あとランクルス可愛いよランクルス。



バイバニラ
・NN:フレーバー
・こだわりスカーフ
・ひかえめ・CS特化・アイスボディ
・ふぶき
・れいとうビーム
・こおりのつぶて
・ぜったいれいど

全部氷技というとんでもない技構成。
しかし下手に他のタイプ入れるよりも強い気がする。
あぁ、でもラスターカノンでテラキに強くなるのか・・・。
パーティの先発として暴れまくる。
吹雪でサザンドラとモロバレルを一気に倒すなんてこともしばしば。
吹雪で両方とも外して落ちるなんてこともしばしば。
今回氷は数少ない上にマイナーだけど、それがかえって
追い風になった感じであった。



・・・振り返ってみると、やはりバイバニラの活躍が際立っている。

氷ポケは今回3種類しかいない上、全種類ともマイナー。

楽文謙がマッギョを選択した理由にもあるけど、氷対策が薄い人は

随分多かった。


あとは、水もそんなに多く無いからかブルンゲルに集中してた感じ。

そして、スカーフ潮吹きタイプが殆どだった様な・・・。

お陰でゾロアークの不意打ちがかなりの効力を発揮できた。


反省点は、エルフテラキというメジャーどころに極めて弱いところ。

ランクルスで大丈夫だろう・・・と思ってたけど甘かった!

岩雪崩のひるみはきっと70%くらいなんや・・・!(ノД` )

むしろテラキ相手はマッギョが強かった。

大地の力はこの環境だとかなり強い地面技なのです。


最後までギガイアスとシュバルゴとナットレイで迷ったけど

シュバルゴかナットレイのどちらかの方がよかったかもな。

3種類とも好きなポケだけど、ジュエル爆発の浪漫に惹かれたw


それ以外はシャンデラとランクルスの技構成だけだな。

後は満足。切断する人も少なくて、勝っても負けても面白かった!


しかし、シングルばっかやってたけどダブルって面白いのな・・・。

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

【ポケモンネタ】敵討ちとヤグルマの伏兵

どうも~楽文謙ですヾ(・ω・`)





昨日に引き続きポケモンBW・未進化縛りの記事を書こうかと!

今回はシッポウシティ~ヒウンシティまでをば。

強力なトレーナーは、そろそろ進化したポケモンを使ってきますわ。

こちらの防御はともかく、相手の攻撃がかなり激しい・・・!








さてさてそんなわけでシッポウからスタート。

ジムリーダーの使うタイプはノーマルという事でとりあえず弱点を

突かれるって事はないのだけど、その分攻撃がかなり激しい。

こちらもレベルを上げて挑みたいところ!


攻略のカギを握る技なのだ。
↑今作でも健在。

序盤では使える技が少ないから、実は進化キャンセルを使って

技を早く覚えさせた方が強い場合もある。

特にやどりぎのタネは初代からある強力な吸収系の補助技で、今回の攻略では

かなり重要になるはず。これを使えるのは、実はかなり大きいのだ。

もう一体のムンナも、序盤からサイケ光線を使えるという点で強力。

要するに、シッポウの時点では進化してなくてもそれほど問題は

ないって事だったりする。




欠伸を使えば、とりあえず眠らせる事が出来る。
↑弱体化されても、やはり眠りは強い!

ただ、前述の通り進化したポケモンの火力はかなりしんどい!

シッポウのジムリーダー、アロエの手持ちはハーデリアミルホッグ

初代でいえばノーマル版ニドリーノとラッタみたいなポジションかな?


このハーデリアの突進を食らうと、こっちの手持ちの耐久だと、どちらも

6割強のダメージを食らう。

当然回復が間に合わない上に、こいつを倒して出てくるミルホッグが使ってくるのが

敵討ち

という、なんとも物騒な名前の技だったりするからたまらない!


この技は、普段は威力70・・・「ずつき」と一緒の威力の何の効果もない技なんだけど

前のターンに味方が「ひんし」になってる場合、ダメージが倍になる

つまり、実質威力140。一撃の威力でおなじみの「はかいこうせん」が150だから

これは相当おっかないというかまず耐えられない。


結局ツタージャで一体目を倒した後、敵討ちを食らってツタージャダウン。

あとはミルホッグをムンナの「あくび」で眠らせて、際どいところで勝利。

やれやれ一安心・・・。




・・・と思ったが、強敵はコイツだけではなかった。

伏兵は意外なところに伏せているから伏兵なのだけどそれが

ヤグルマの森で最初に対戦するふたごちゃん

という辺り、なんというか・・・。

こいつらの使うクルミルが、こっちの面子にとって絶望的に相性が悪いんだな。

こいつは虫/草の複合タイプなんだけど、虫タイプはこっちの草、エスパーの

共通の弱点でね。しかもこっちの草タイプの攻撃は25%まで軽減される。

草タイプなのでやどりぎのタネも効かないという・・・w

戦い終えたときには、特にツタージャがボロボロになってましたわ。

侮り難し・・・!

そしてヤバイ事に次のヒウンのジムのタイプは虫である

これは現行のメンバーだと勝ち目はない。

ヤグルマの森のイベントを終えた後、ヒウンをほぼ素通りして

ヒウンから北に伸びる4番道路で炎ポケモンを捕獲する事に・・・。


弱点をつけるジム戦はこれがはじめて!
↑左側がポケモンです。ダブルバトルじゃありません。念のため。

捕獲したのはダルマッカ。

特性はデメリットがあるものの火力を高めてくれる「はりきり」。

威力だけなら、進化ポケモンにも劣らないハードパンチャーである。


思えば、ジム戦で弱点をつけるというのは初めてで、ヒウン戦はそれがどれだけ

有難いか・・・って事を思い知らせてくれたな。ここはアッサリクリア。

これでPTに強力なアタッカーが追加されたわけだけど、これからは相手も

どんどん強力なポケモンを出して来るだろうし、頑張らないと・・・!






今回のレポート
・シッポイシティを出発→シッポウシティジム突破→ヤグルマの森イベント突破
 →ヒウンシティ到着→4番道路でメンバーとしてダルマッカ(炎)捕獲→ヒウンジム突破

メンバー:ムンナ(はなだんご)Lv.21 ツタージャ(サヤ)Lv.24 
     ダルマッカ(まるこ)Lv.23





※ニックネームが酷いのは仕様です。

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

【ポケモンネタ】第一回:無謀な出発

どうも~楽文謙ですヾ(・ω・`)





このテーマでは初めてとなるので一応自己紹介を。

普段はオンラインゲーム「マビノギ」の記事を書いております楽文謙といいます。

今回マビノギのサーバー一時停止に伴い、ポケモンブラック版の攻略記事を

短期間ですが書かせてもらおうかと思いましてね。

こういう状況ですが、こういう時だからこそ明るい記事を書いて行こうと思いますわ!









さて、この攻略なんだけど、楽文謙はこれがポケモン初プレイと言うわけではなく

元祖のレッド版からず~っとやり続けているトレーナーなワケでね。

もう結構いい年してるんですが、毎回迷いつつも買ってしまうという・・・w


BWのいわゆる第五世代のストーリー攻略もこれが3周目ですわ。

1周目は攻略情報を見ずにやり、2周目は水タイプのみでラストまで。

いろんな楽しみ方が出来るゲームなんだけど、今回もちょっと捻ったプレイができると

いいかな~ってね。


そこで今回の攻略では進化したポケモンは使用しないという

縛りを儲けましたわ。案外何とかなりそうな気も、変なところで詰みそうな気も

するけどね・・・!

あと、進化しないポケモンも基本禁止。このルールでやってみましょうかのぅ!








さて、BWをやってなくても、一回でもポケモンをやった・・・って人は

読者の中には結構いると思いますわ。

どの世代でも共通するのが、最初のポケモンは炎・水・草の3体から選ぶという

事ですな。いわゆる御三家ですわ。

1周目で炎タイプのポカブ、2周目で水タイプのミジュマルを選んだので

今回は草タイプのツタージャを選択。

アタッカー気質のポカブ・ミジュマルと比べると搦め手(からめて)が得意な

ツタージャは通常の攻略には不向きだけど、果たして。



さてさて、そんなこんなで期待と不安が入り混じる中、まずは最初のジムを目指す。

途中ライバルにあたるチェレンやベル・・・それにN(エヌ)との初戦もあったか。

この3人は道中で何度も戦う事となるのだが、「未進化」という点で今のところは

問題なし。ただ、ツタージャの攻撃性能の低さはちょっと気になるか・・・!

この攻撃性能の低さが、後で問題となる。


そんなわけでいろいろ端折ってるけど最初のジムに到着。

基本的にジムにはタイプが設定されていて、例えば初代のニビジムは岩タイプ~とかね。

だからそのジムに挑む前には、そのタイプに有利なタイプのポケモンを育てたり

するのが一般的。

ところが、ここのジムリーダーは恐ろしい事にこちらの弱点をついてくる。

前述した水・炎・草は、水は炎を消す、炎は草を燃やす、草は水を吸い取る・・・

という具合に、それぞれ弱点としてジャンケンの関係になっているのだけど

ここのジムリーダーの場合は、こちらが最初に選んだポケモンの弱点を付くタイプを

使ってくるわけだな。ジム=タイプ縛りをぶっ飛ばすチートっぷりである。

どうしろと!
↑ツタージャ(草)に対して相手はバオップ(炎)。当然こっちは大ダメージを貰う。

これに対する救済策か、はたまたそういう狙いで設計されているのかは定かではないが

一応コイツと戦う前には、こちらも相性補完をできるポケモンを貰う事が出来る。

極端な話、それを使ってジムを突破して「相性って大事だな!」という事なのだろう。


だが、だがしかし!

折角だからここまで・・・といってもほんのちょっとだけど、ここまで進んできた

ポケモンで何とか倒したい!・・・というのがやっぱりあってね。

そこでここは補助技を使って突破する事にした。

搦め手・・・とはちょっと言い難いけど、ツタージャの火力不足という弱点をカバーして

半ば強引に突破しようというのが狙いである。


積み技を積みまくってもダメージはイマイチ
↑「せいちょう」は攻撃・特攻を1段階(1.5倍)上げる技。これを積めれる時に積みまくる!


今回使ったのは「せいちょう」という自分の能力を上昇させる技。

これで火力を高めて一気に畳み掛けるのが狙いである。


このジムリーダーの手持ちはヨーテリーというノーマルタイプをまず出して

それが倒れたら件の弱点タイプのポケモンを出すのだけど、ノーマルタイプを

使っているうちに、とにかくせいちょうを積んで攻撃を上げるのだ!


でもって、実際にこれを試したのだけど、実は倒せたのは3回目の事である。

なんでそうなったかというと


1戦目:よし、このターンの返しで決まりや・・・!

     →バオップの「やきつくす」! 効果は抜群だ!急所に当った!

2戦目:よし、ヨーテリー倒したし、急所もそんなに・・・

     →バオップの「やきつくす」! 効果は抜群だ!急所に当った!



\(^o^)/

バオップさん鬼畜過ぎや・・・!







そうこうあってどうにかこうにかジムリーダーを倒し、今作のロケット団ポジである

ギンガ団のみなさんから経験値を美味しく頂いたりしながら、今日はシッポウまで。


これから何度も目にする光景である
↑ちょっぴり切ないBボタンキャンセル。

道中進化しそうになったツタージャの進化を止めたりも。

順調に進んで行けば、これから何度も目にする光景となるだろうな・・・w





今回のレポート
・ツタージャ(草)を選択、カノコタウンを出発→カラクサタウン→サンヨウシティジム突破
  →メンバーとしてムンナ(エスパー)捕獲→シッポウシティ到着

メンバー:ムンナLv.16 ツタージャ(サヤ)Lv.17






そんなわけで初めてのポケモン記事、いかがでしたでしょうか?

ネタ的にどうかな~って思ったけど、バオップさんが酷いネタを提供してウッ・・・。

どの程度説明を入れれば解るかが自分自身にもわからないのでかなりの長文に

なってしまったなぁ(ノД`;)


ともあれ、調子がよければ明日も更新できるかなぁと。

しかしペース上げないと本当にマビノギ再開に間に合わないぞこれ・・・!

頑張ろう!ほどほどに!



あっ、ムンナのニックネーム忘れたな・・・。

姓名診断のとこまでに考えておかないと。

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

プロフィール

gakubunpon

Author:gakubunpon
マビノギマリー鯖で活動する
きんぴかジャイアントなミレシアン。

アークスや提督やったりも。


最近はゲームよりお絵かきしてる時間が多かったり。
更新は控えめかも!



プロフィールイラストを莉緒さんが
描いてくれました。
ありがとうありがとう!


↓旧ヘルムブログはこちら。

旧ブログ



--------------------------
主要な所持キャラ
--------------------------
・マリー(モリアン)
鬼隼(ジャイ)
シャフォウ(人間)
優緋(エルフ)

・タルラーク(キホール)
鬼熊_tar


艦これは単冠湾「がくぶんぽん」
アークスはShip4「優緋」「鬼隼」にて

pixiv
ついったー!
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
読書メーター
楽文謙さんの読書メーター
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
ブログリンク
RSSリンクの表示
(´∀`)
当サイトで利用している「マビノギ - Fantasy LIFE!」及び「マビノギ英雄伝」の画像及びデータに関する知的財産権は、 株式会社ネクソンジャパンならびに韓国NEXON社に帰属します。 許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。 Developed by devCat (C)Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd. All rights reserved. (C) NEXON Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。