スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団、仲間、徒党、烏合、同胞・・・。

どうも~楽文謙ですヾ(・ω・`)





昨日は移籍先のギルドのメンバーと硫黄蜘蛛エリートを周回してました!

言い出しっぺは楽文謙だけど、どうも皆さん溜め込んでた模様でして。

3周してきましたわ。久しぶりにたっぷり狩ったぞ!


ぱむだ幽閉

途中、ギルメンが壁に飲み込まれるって事件があったけどね・・・。

分身術での事故だけど、結局抜け出せませんでしたわ。

PVやらペットやらいろいろ試したけど・・・う~ん。

抜け出せる方法知ってる方いたら教えてくれると嬉しいですわ。

結構起こりうるケースだと思うしね・・・!









さてさて、そんなわけでPTを組んでいたわけだけど

皆さんにとってPTの位置づけってどんな感じですか?

これはパーティにおけるポジショニングとかじゃなくて・・・

そうだな、多分気持ちの問題。




例えば・・・楽文謙は普段ソロしていることが多い。

一番は気楽だからだな。アイテム出たら総取りだし、好きな時間にやめれる。


ただね、やっぱりソロは単調だし、どうしても飽きるのよw

それに、MMOってのは多人数参加型のゲームなわけで、やっぱり基本は

複数人でのプレイだと思うんだよね。

それに純粋に大人数での攻略は楽しいしね(ノД`*)



だから楽文謙にとってはPTプレイがメイン。

それも人数が多いのが好きだな。

その時の為にソロで頑張ってるって感じかなぁ。

もちろんソロで強敵に挑むってのもまたたまらないのだけどね・・・!


ちなみにもう一つこだわりを言うと、楽文謙のPTだと分配がない場合が多いな。

宝箱を開ける瞬間まで盛り上がっていたいからね。

決して取引が面倒だからじゃないぞ。ほ、本当だぞ。



みんなはどんな感じなのかな?
スポンサーサイト

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

分身ではまったときははじめの部屋のところから戻れるってきいたことがあります!

私自身で調べたことないので詳しくはわからないのですが;

死んだフリでもダメ。ペット騎乗でもダメなら、あと思いつくのはプチゴーストのテレポくらいでしょうか…

Re: タイトルなし

情報アリです!

が、どうもダメだったみたいですわ(ノД` )
壁際の分身は慎重にやったほうがよさそうですのぅ・・・。

Re: タイトルなし

死んだフリもペット騎乗もアウトだった模様。
ミニゴーストを部屋の中に呼べればいいけど・・・!

この人は人間だったけど、エルフのFSはどうなのかなぁ。
プロフィール

gakubunpon

Author:gakubunpon
マビノギマリー鯖で活動する
きんぴかジャイアントなミレシアン。

アークスや提督やったりも。


最近はゲームよりお絵かきしてる時間が多かったり。
更新は控えめかも!



プロフィールイラストを莉緒さんが
描いてくれました。
ありがとうありがとう!


↓旧ヘルムブログはこちら。

旧ブログ



--------------------------
主要な所持キャラ
--------------------------
・マリー(モリアン)
鬼隼(ジャイ)
シャフォウ(人間)
優緋(エルフ)

・タルラーク(キホール)
鬼熊_tar


艦これは単冠湾「がくぶんぽん」
アークスはShip4「優緋」「鬼隼」にて

pixiv
ついったー!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
読書メーター
楽文謙さんの読書メーター
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
ブログリンク
RSSリンクの表示
(´∀`)
当サイトで利用している「マビノギ - Fantasy LIFE!」及び「マビノギ英雄伝」の画像及びデータに関する知的財産権は、 株式会社ネクソンジャパンならびに韓国NEXON社に帰属します。 許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。 Developed by devCat (C)Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd. All rights reserved. (C) NEXON Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。